龍泉院の概要

龍泉院の概要

宗派 曹洞宗
宗祖 道元禅師
大本山 永平寺(福井県)、總持寺(神奈川県)
本寺 真如寺(木更津市真里谷)
末寺 長栄寺(柏市若白毛)
山号 天徳山(てんとくざん)
寺号 龍泉院(りゅうせんいん)
ご本尊 釈迦牟尼如来
寺紋 九曜星(表) 月星(裏)
開創 建長五年(1253年)、相馬氏によるといわれております。
道元禅師が54歳で入寂された年です。
ご開山 木更津の眞如寺第六世量指長英大和尚(1555年寂)をお迎えして曹洞宗として開山
宗旨 釈尊の坐禅に基づく悟りの心を受けつぐ
教義 釈尊と両祖(道元禅師と瑩山禅師)の教えを信じ、仏心に目ざめ、慈悲の心に生きる
住職 龍泉院第三一世師 椎名宏雄
土地 境内1,200坪、駐車場400坪、畑1反、山林1町5反
伽藍 本堂(昭和57年)、山門(平成17年)、客殿(昭和56年)、大悲殿(平成4年)、庫裏(昭和42年)、六地蔵堂(平成18年)、稲荷堂(慶應2年)、大師堂(平成11年)、待道堂(昭和63年)、水舎(昭和61年)、倉庫(平成7年)
<境外地>不動堂(平成10年)、大師堂(平成11年)、天神堂(昭和52年)、縛り地蔵堂(明治25年)、波切不動堂(昭和50年)
宝物 仏像18体、古文書1,000点、軸物80点、板木30枚、書籍12,000冊 等
歴史 1.鎌倉時代に創建されてから約300年間は詳しいことは不明
2.戦国時代に相馬氏が曹洞宗寺院として復興、開山にまつわる龍神の縁起あり
3.江戸時代、大名本多氏の帰依により現在地に移転、その後100年間は本多氏の庇護を受ける
4.享保年間、十五世象山和尚のとき本堂を再建し表参道(約7m幅)を開く
5.天保年間、二十五世正珠和尚のとき百観音石像(千葉県下唯一)を大悲殿に祀り、受戒会を行う
6.明治4年、上地令により山林が官有地にされ、21年後に買い戻す
7.昭和23年、農地解放により農地すべてと山林の一部を失う
8.住寺してからの50年間は、伽藍の復興と境内の整備に努めた
9.今後の目標は、坐禅堂・宝物館・鐘楼堂・稲荷堂などの新改築、寺史の出版、信徒1,000人の確保等
最終更新日 ( 2008/06/14 土曜日 13:31:15 JST )