平成二九年二月新年会報告 プリント
img_9100.jpg-1.jpg2月12日午後2時より、うどん市で龍泉院参禅会の新年会が開催されました。参加者は19名でしたが、美味しいお酒とお料理をいただきながら楽しい三時間を過ごしました。
最初にご老師から、昨年は参禅会発足45周年の記念の年だったが、各行事が盛大に行われ、これまでの中では最も盛り上がったのではないか。私は二三歳の時住職になり今秋で六〇年を迎える。今年は酉年で羽ばたく年であるから、これまでの事を振り返るのではなく、新しいことにチャレンジしていきたい。その一つとして外国人への坐禅体験による国際交流など、一風変わったことにも取り組みたいとのご挨拶がりました。
つづいて小畑代表幹事からは、人は家や仕事に居場所がなくなり、第三の居場所として坐禅を求めているものと考えていた。だが最近はそうではなく、坐禅は「本来の居場所」だと思うようになってきたので、そのような坐禅勧めていくように頑張りたい。さらに今年は御老師のいわれるように羽ばたく年にしたい。例えば柏市の交流広場であるパレット柏を利用して、国際協力を進めることを考えてみたいとのご挨拶がありました。
この後杉浦さんによる乾杯のご発声があり、祝杯を挙げた後、歓談タイムになりました。うどん市のうどんすきを肴に、小畑代表幹事や松井さん達から差し入れられた日本酒や焼酎を飲みながら、しばらく歓談したのち、各人から今年の抱負が述べられました。
img_9109.jpg-1.jpg各自から抱負が述べられているところで、阿彌陀くじが回覧され、今年はみごと山本さんが金賞を射止められました。金賞の山本さんにはご老師から菩提樹の実でつくられたお數珠が贈られました。また銀賞を射止めた佐藤さん、小畑二郎さん、相澤さんにはご老師が揮毫された色紙が贈られました。因みに佐藤さんはなんと4年連続銀賞を射止められているそうです。
今年の新年会も午後5時に無事円成しましたが、飲み足りない語り足りない何人かは二次会に向かい、そこでまた大いに飲み語り合ったそうです。参禅会には懲りないメンバーが多いですね。

最終更新日 ( 2018/04/30 月曜日 10:26:17 JST )
 
< 前へ   次へ >
Copyright (C) 2008 ryusenin.org All Rights Reserved.