龍泉院ホーム arrow 行事報告 arrow 平成二八年五月第四回在家得度式報告
平成二八年五月第四回在家得度式報告 プリント
img_8166.jpg-1.jpg5月15日に第四回在家得度式が厳かに挙行され、新得度者9名、再得度者21名の合計30名の方が得度されました。これまで在家得度式は龍泉院参禅会発足二〇周年、三〇周年、四〇周年と一〇年毎に行われてきましたが、御老師がご高齢になられたことから、参禅会幹部の要請により、四五周年の行事としても行われることになりました。
午前10時から開会式があり岡本匡房さんが法弟代表としてご挨拶されました。引き続き10時半から得度式が行われましたが行事内容は次の通りです。
一、 奏楽、 法弟入場
二、 小鐘一会、七下鐘、戒師入堂(合掌)
img_8194.jpg-1.jpg三、  上香、普同三拝(全員共に立ったまま三拝)
四、  奏請(戒師が佛祖の降臨証明を請する)
五、  礼讃(戒師が奉読)
六、  洒水灌頂(戒師が法弟全員に浄水を濯ぎ、心身を清める)
七、  剃髪(戒師が法弟全員に鬚と髪を剃り落し、憍慢の心を除く)
八、  安名・絡子授与(新法弟が順に戒師の前に進んで受ける)
九、  法弟三拝(戒師に対し、全員共に五体投地で三拝)
十、  授菩薩戒
   ・懺悔、(戒師の後に従って全員で一句づつ唱和)
・三帰戒、(戒師に一句ずつ唱和)
img_8202.jpg-1.jpg・三聚浄戒、(戒師の後に従って全員で一句づつ唱和)
・十重禁戒、(戒師の後に従って全員で一句づつ唱和)
・誓持戒(戒師の「能く保やいなや」に対し「能く保つ」と全員で唱和)
十一、血脈授与(法弟が戒師前に順に進んで血脈を受ける)
十二、誓いの言葉(原司さん)
十三、回向(椎名宏雄老師)
十四、処世界梵(小畑節朗代表)
十五、普同三拝(全員共に五体投地で三拝)
十六、戒師退堂 法弟退堂    

午後1時からはご老師からの説戒があり次のようなお話をいただきました。
img_8239.jpg-1.jpg説戒のお言葉
「戒律」のうち「戒」は仏教の教えを保っていくための個人的なもの、「律」とは仏教の教えを実践していく集団のためのものです。
本日皆様が授かりました「お血脈」はお釈迦さまから摩訶迦葉、菩提達磨、大鑑慧能、永平道元、それから私を通して皆さままで赤い線で結ばれております。私までで八四代、皆さまで八五代ということになります。これは、お釈迦さまから皆さままで仏教の戒がつながってきていることを示す証明書なのです。「血脈」とは「戒脈」なのです。
戒でもっとも重要なのは三帰戒です。
「南無帰依仏」とは釈迦牟尼仏に帰依する、ということです。
「南無帰依法」とは「法」、すなわち宇宙の真理の法則に帰依するということです。天地宇宙の法則からはずれて幸せに生きる事はできません。
img_8233.jpg-1.jpg「南無帰依僧」の「僧」とは「サンガ」すなわち仏教の教えを実践する集団のことです。「参禅会」や「梅花講」などといった、仏教の教えを行う集団が「サンガ」であります。
そして十重禁戒の中でも特に大切なのは「不殺生戒」「不偸盗戒」でありましょう。
まず「不殺生戒」ですが、私たちは殺生をしなければ生きてはいけません。眠っていても蚊がとまれば無意識につぶそうとしますし、今や農薬なしに野菜を作ることはできません。守れないから守らなくて良いのではなく、いたらぬ身なれど戒を保つ決意をする事が大切なのです。
次に「不偸盗戒」。盗む、ということはあらゆる犯罪に直結しています。「偸(チュウ)」という字にもともと「盗む」という意味があります。「偸眼」とは盗み見をすることですし、もっと恐ろしいのは何もすることなくただ命をむさぼるという意味で「偸生」という言葉もあります。そしてこれは「不妄語戒」とも関連がありますが盗みをはたらく時には、嘘をついてしまうことも多いようです。
img_8252.jpg-1.jpg戒を守るということは大変な事です。皆さまは先ほど誓持戒で「能く保や否や!」に対して「能く保つ!」と声をそろえて大きな声でお答えになりました。これは大変なお誓いをしたことのです。お互いにいたらぬ身なれど戒を保つ決意し、仏さまの弟子としてしっかりと生きてまいりましょう。

説戒の後、閉会式となり、ご老師から「五体満足であるからこそ戒を受けることができるのだ」と、健康であることに感謝しなければならないとのお話をいただきました。これに対して法弟を代表して河本健治さんからお礼の言葉が述べられました。最後に大悲殿で茶話会があり、新得度者から感激に満ちた感想が述べられました。


最終更新日 ( 2016/08/22 月曜日 14:32:39 JST )
 
< 前へ   次へ >
Copyright (C) 2008 ryusenin.org All Rights Reserved.