平成二五年二月新年会報告 プリント
img_3741-1.jpg平成25年新年会が2月3日(日)の節分の日に行われ、会場は例年通り柏市の「うどん市」で、午後2時15分から始りました。
最初にご老師からご挨拶を頂きました。その中で、昨年の新年会は坐禅堂建設を控えて大変燃えあがっていました。昨年10月に建設委員会のご努力と多くの方々からのご支援により無事坐禅堂は竣工しましたので、今年の新年会はなんとなく落ち着いたように見受けられます。
img_3740-1.jpg坐禅堂は出来ましたが、今後この坐禅堂で坐る機会を如何に多くつくるか、如何に多くの方に坐っていただくか、そのための運用をどのようにするのかを、これから詰めていかなければなりません。そのための色々な企画やアイデアを皆様から出していただきたいと、ご老師は仰られていました。
ご老師のご挨拶に引き続き、美川武弘さんの乾杯の辞で宴会に移りました。宴会が始まると、早速鍋をつつきながら坐禅堂を巡る熱い議論が交わされました。お鍋の熱気と議論の熱気で宴会場の窓ガラスには、水滴がびっしりと付いていました。
また、小畑さん、加藤さん、阿部さんが差し入れて下さった地酒の銘酒も、あっという間に飲み干され、松井さんと五十嵐の持ち込んだ焼酎も見る見るうちに飲み干されていきました。参禅会員の議論好きとお酒に強いのにはあきれるばかりです。
img_3744-1.jpg宴会が始まり45分ほどたった時、これも恒例の一人3分間スピーチが開始させました。各自それぞれから近況報告や今後の抱負、あるいは参禅会に入られた動機、はたまた坐禅堂建設にまつわる武勇伝やご苦労されたお話などが、次々とご披露されました。
ふだんは参禅会員同士で個人的なお話をしないだけに、情報交換となるこの3分間スピーチが新年会の特長であり、また楽しみのひとつとなっています。
img_3746-1.jpg全員のスピーチが終わってから、ご老師からのお年玉の抽選会に移りました。杉浦さん作成の阿彌陀くじでで、4等から順次当選者が発表され、見事一等を射とめられたのは岡匡房さんで、賞品は非常に高価なお香入れでした。
お年玉抽選会でワッと湧いた後、小畑代表幹事さんから中締めのご挨拶があり、今年の新年会も無事お開きとなりました。
最終更新日 ( 2013/02/17 日曜日 18:20:13 JST )
 
< 前へ   次へ >
Copyright (C) 2008 ryusenin.org All Rights Reserved.